大阪の町

お店の顔である看板。
使っているうちに電球が切れたり、場所によってはホコリや風や砂で汚れがこびりついたり、長い期間の間にサビが出てきたりして手入れが必要になりますが、高いところについていたり場所によっては個人でメンテナンスをするのはとても無理ということになり、看板をつけるのも良いのか悪いのか迷ってしまいます。
しかし、それは安心してください。
現在の看板を製作をしている会社のほとんどは定期点検や補修なども含めてメンテナンスをしてくれるので、不要な心配はいりません。
つまり、中の電球が切れた場合の交換や自然災害で傾きができたり、サビや腐食で事故になってはいけませんので、定期的な点検もしてくれますし、周囲の景観も時間の流れとともに変化し看板が見えにくくなった場合のリニューアルもしてくれます。
またもちろん新しいものが欲しいとなればデザインからでも注文も受けていますし独自のデザインやこだわりの看板にも対応してくれます。
中には省エネと電球の持ちを考えて最新のLEDにしたいという注文も最近は増えていますが、もちろん大丈夫です。
その上、施工会社によっては事故や災害と関係ないかといえば、どんな事故に巻き込まれるかあるいは自然災害で壊れてしまうかわからないので保険もあることを説明してくれたり、看板をつけることで必要な申請をかわりに行ってくれるところもありますので、依頼したらまずは完了までの流れと完了後についての詳細も面倒がらずにしっかりと聞いておくと良いです。

メンテナンス

どんな人が関わっているのか

看板の注文やメンテナンスを行う専門の人の中には塗装を行う人からデザインを手がける人や注文を引き受ける人など多くの人がそれぞれの役割を持って仕事をおこなっています。
看板の注文を行って形が出来てからも定期的なメンテナンスを行って...Read more

看板を作る

デザイナーとよく話し合う

看板をはじめとする広告は、店舗や企業によって主要な宣伝活動の一つであるといえます。
これらを見て、顧客が店や商品を利用するからこそ、円滑な経済活動を運ぶことができているといっても過言ではありません。
看板はCMやダイレ...Read more

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031